いやぁ、良いバイクなんだけどね。
King RSとは違ったベクトルのカーボンも試したくて造ってはみたものの、アルミのキレ味忘れがたく、スカンジウムをオーダーするにあたって納めようがないので、やむを得ず手放すことになりました。
フレームセットで¥300,000ってのは十分に高級品ですが、プロトスやXS、SKなどに比べればリーズナブルだし、あまり乗り込まない方にも扱いやすいと思う。そういう意味ではお勧めです。ロングセラーになっているのも分かります。
キレキレのKing RSとは違い、振動吸収が良くて疲れにくそう、良質のスチールフレームに近い乗り味。
ちなみに、プロトスはKing RSをさらに薄皮2枚ぐらい剥いた感じで加速も高速持続性も別次元、XSはキレ味よりも高速の伸びにウエイトを置いたイメージ、SKはXSよりさらに高速巡航を狙ったもの、という印象。同じメーカーのラインナップでも味付けがずいぶんと違うことに改めて驚きました。IDOL、乗り心地が良いとは言え、そこはデ・ローザのカーボンモデル、振動吸収の良さがそういう印象を強めているだけで本質はガチガチに軽硬い。素人が調子に乗ってガンガン行ってしまうと、やはりどっかで終わってしまいます。ただKing RSほどキレ味がないのでそんなに飛ばす気にならんのが年寄り向きでしょうかね。